最近ではすっかり一般的な呼称として使われるようになったレンタルオフィス。
便利に利用できるサービスとして多くのビジネスマンに利用されています。
その需要の高さを裏付けるように今もなお新しい物件が登場し続けています。
以前のレンタルオフィスというと本当にそっけない間仕切りだけされた貸し机というような感じのものか、あるいは本格的な事務所を短期間借りるという物件が多かったのですが、最近のレンタルオフィスはかなりの環境の良さを提供してくれます。
都市部に近い利便性の高い立地に置かれたり、法人登記の所在地に使うことが出来ることなどから小規模事業の起業や個人事業の表札代わりなどの用途での使用による需要がとても多くなっています。
近代的なレンタルオフィスの魅力はなんといっても賃料の安さでしょう。
都会の駅近の一等地にあっても10万円未満で借りることが出来るので通常の貸事務所にかかるコストとは比べ物になりません。
事業の内容によっては必ずしも広いスペースは必要としないので、こうしたレンタルオフィスのデスクスペースのみであっても十分目的を果たすことが出来ています。
コストの面ではさらに維持費や経費の点でも有利です。
建物の内部の一部を区切って提供される形態が多いことから、照明代や空調設備などにかかる電気代は賃料に含まれるか格安の定額料金で賄える物件が多いです。
コピー機や会議室などの共有スペースの利用も料金が抑えられてでの提供がなされることが多いのでこれらをトータルすればかなりのコストパフォーマンスの良さを得られます。
当然固定資産税などはかかりませんから、事業の本拠地の所在を置く場所としては格好のサービスと言えます。
セキュリティの配慮も建物全体での施行から、レンタルオフィスのあるフロア独自に施すものもあり、高い安心感を得られることが期待出来ます。
各スペースごとに強度なセキュリティを施すことも可能で、入退室履歴の管理までするようなところまであるので利用者にアピールするサービスの質の向上はとどまることを知りません。
現代の様々な技術と環境の発達のおかげでこうしたレンタルオフィスを利用しやすくなった面もあるでしょう。
携帯電話をビジネスで使うことは当たり前になりましたし、メールやIP電話、無料通信アプリなどの登場が大掛かりな設備や投資を必要としないオフィスの環境作りに貢献してくれています。
物件によっては敷金などの初期コストがかからないものも見つけることが出来るので、まさにスモールビジネスを始めたり地方の営業拠点作りなどには最適なビジネスサービスです。
レンタルオフィスの特徴をよく理解することで自らのビジネスに役立てることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*